大阪堺市で多くの実績を誇る垣花測量登記事務所です。土地家屋調査士は、土地・建物の表示に関する登記手続きのプロフェッショナル。土地家屋調査士が、あなたの大切な財産である不動産の権利を守ります。

測量について

  • HOME »
  • 測量について

subphoto_14

測量について

現況測量

現在ある建物の配置、構造物や道路・水路などを図面化するための測量を現況測量といいます。土地境界に関しては、立会いなどを行わず、現況を知るために行います。
現在の土地の状況を確認反映だけの測量で、境界についての調査や確認を行わないので、算出される土地の面積は「現況面積」と呼ばれ、境界確認後の「確定面積」とは差が出ることが多いため注意が必要となります。
建物を建築する際や、土地の売買等でおおよその形状や面積を知りたい場合などに行いますが、トラブルを防止するために、可能な限り土地境界確認や境界確定は行っておくのが望ましいでしょう。

真北測量

「北」と表現されるものには、「真北」と「磁北」の2種類があります。
「真北」とは、地球の自転軸の北端を指す方位のことを言い、「磁北」とは、コンパスの北のことを言い、その二つにはズレがあり、建築基準法では「真北」を北としています。
真北測量とは、太陽による方位角観測などで真北を求める測量のことをいい、、マンションやアパートなどの建物を設計する際、北側斜線制限や日影規制などを調査するために必要とされることがあります。

高低測量

敷地の高低差を調べることを高低測量といいます。建物の建築・設計に際して必要になることがあります。

道路セットバックライン協議

道路の幅員が4m未満の場合、道路の中心から2m後退することをセットバックと言います。
建物を新築しようとする土地の前面道路の幅員が4mに満たない場合、道路中心から水平距離で2m後退する必要場あり、セットバックを決める場合、役所への申請や協議が必要となります。
このセットバックラインを決めるには役所等に申請や協議が必要になります。

土地境界確定測量

土地の売買や相続などを行う際、土地の境界の確定が必要となることがあります。
その場合、隣接地や道路との境界を調査、測量し、隣接地との境界立会・確認を行った上で、境界標を設置します。
隣接する土地とのトラブルを防ぐためには、双方が納得する「境界」を確定することが必要です。

当事務所では近隣との対応に礼儀をつくし、誠意ある対応を心がけています。
どうぞ安心してお任せください。

PAGETOP