大阪堺市で多くの実績を誇る垣花測量登記事務所です。土地家屋調査士は、土地・建物の表示に関する登記手続きのプロフェッショナル。土地家屋調査士が、あなたの大切な財産である不動産の権利を守ります。

用語解説

  • HOME »
  • 用語解説

測量登記 専門用語解説

境界確定測量

境界確定測量とは、土地を測量して地積を確定すること、及び土地の境界を確定する測量のことです。
法務局・市役所などで資料を調査した上で現況測量を行い、境界標・杭を探して測量、データ計算、資料・測量図と照合し、役所や隣接地所有者の立会いのもとに境界を確認、境界標を設置します。

現況測量

現況測量とは、境界標や資料をもとに現地の測量をおこなう測量のことです。
確定測量と違い、隣地の所有者との立会いをせず、資料を用いて測量を行います。
土地に存在する境界標や工作物(建物、ブロック塀、電柱、道路等)を測量し、現況の面積を求めたり、平面図を作成する測量です。
境界確定測量と異なり、立会いが不要なため短期間、安価で測量できます。

高低差測量(レベル測量)

高低差測量測量とは、土地の高低差を測る測量のことです。
地盤高や電柱、建物の頂点の高さなども測量も可能です。

真北(しんぼく)測量

真北測量とは、太陽による方位角観測などで真北を求める測量のことです。
マンションやアパートなどの建物を設計する際、北側斜線制限や日影規制などを調査するために必要とされることがあります。
「北」と表現されるものには、「真北」と「磁北」の2種類があり、「真北」とは、地球の自転軸の北端を指す方位のことを言い、「磁北」とは、コンパスの北のことを言い、その二つにはズレがあり、建築基準法では「真北」を北としています。

文筆登記

土地分筆登記とは、1つの土地(1筆)を分割して複数(数筆)の土地として登記することをいいます。土地を相続や物納する為に行います。
土地の一部を売却したり、複数の相続人で土地を相続するとき、あるいは土地の一部を売却して、換価したいときなどに土地分筆登記を行います。
土地を分筆登記すると、新たな地番が付され、独立した土地として登記されます。

地積更生登記

土地地積更正登記とは、登記簿記面積が実測面積とが異なる場合に、地積を訂正する登記です。
この登記をする為には、正しい面積を確定する為「境界確定測量」が必要な場合があります。
「登記簿」は絶対正しいと思われがちですが、現況面積と測量後の地積(面積)がズレていることはよくあります。

地目変更登記

土地地目変更登記とは、土地の用途を変更する場合、登記上の地目も変更する手続きのこといいます。
土地の用途や用途に変更があった(農地に住宅を建てるために地目を「畑から宅地」へ変更する等)時に必要な登記です。
変更があった日から1ヶ月以内に土地地目変更登記の申請を行う必要があります。

合筆登記

土地合筆登記とは、複数の土地の登記を一つにまとめる登記のことです。
複数の土地を一つにまとめる時に利用する登記方法です。
多数の土地を所有していて管理が煩雑な場合や、売買、相続などで分筆を前提とする場合や各相続人の相続分ごとに分筆しなおすために、相続した複数の土地を一旦1つの土地にまとめるときなどに合筆登記をします。
合筆とは土地の名義が共有である場合は、共有者全員からの申請が必要となります。

建物表題登記

建物表題登記とは、建物を新築したり、未登記の建物を購入した時に、登記簿に登録することをといいます。
建物の位置、構造、種類、床面積などを記録した登記簿のことです。
建物の所有者は原則1ヶ月以内に建物表題登記をする義務があります。

建物表題変更登記

建物表題変更登記とは、既に登記された建物の状態に変更があった時に申請する登記です。
例えば、建物を増改築などをして床面積が増減したり、居宅として使用している建物を使って商売を始めるような時、附属建物として車庫を建てた場合のなどに行います。
この登記は変更があった時から1ヶ月以内に申請する義務があります。

建物滅失登記

建物滅失登記とは、建物を取り壊した場合や焼失した場合など、建物が無くなった際に行う登記です。
建物の所有者または所有権の登記名義人は原則1ヶ月以内に建物滅失登記をする義務を負います。
この登記を執行すると、登記簿から建物に関する情報は一切削除されます。

PAGETOP