大阪堺市で多くの実績を誇る垣花測量登記事務所です。土地家屋調査士は、土地・建物の表示に関する登記手続きのプロフェッショナル。土地家屋調査士が、あなたの大切な財産である不動産の権利を守ります。

業務のご案内

  • HOME »
  • 業務のご案内

subphoto_02

業務のご案内

土地家屋調査士は、土地・建物の表示に関する登記手続きのプロフェッショナルです。

法務局に提出する「地積測量図」「建物図面・各階平面図」などは、法律により唯一の専門家である土地家屋調査士が作成することになっています。

こんなとき!土地家屋調査士はお役に立ちます。


土地について

一筆の土地を数筆に分けたいとき

相続や贈与、または売買などのために一筆の土地を二筆以上に分けたいとき
「分筆登記」の申請をします。

また、数筆の土地を一筆にまとめたいとき
「合筆登記」の申請をします。


農地や山林などを宅地にしたとき

山林や畑などであった土地に家を建てて宅地に用途を変更したとき
「地目変更登記」の申請をします。


登記されている面積と実測の面積が違うとき

登記されている面積(公簿面積)と実際に測量した面積(実測面積)が違うとき
「地積更正登記」の申請をします。

法務局の地図が誤っているとき

法務局の備え付けの公図に誤りがあるとき
「地図訂正」の申出をします。

境界がわからないとき、面積を確定したいとき

法務局などの資料や現地調査に基づき、関係者の立ち会いを求めて確定します。

建物について

建物を新築したとき

建物を新築したとき、または未登記の建物を買ったとき
「表題登記」の申請をします。

建物を増築・改築したとき

既存の建物に増築したとき、または建物の用途や構造を変更したとき、分合筆などにより所在地番を変更したとき
「表題変更登記」の申請をします。

建物を取り壊したとき

建物の全部を取り壊したり、焼失したとき
「滅失登記」の申請をします。

PAGETOP